上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
基礎と応用問題が出てきます。東京商工会議所発行の公式テキストから
福祉住環境コーディネーター試験の問題が出てくるので、勉強しましょう

マークシート形式で、時間は2時間、3級も2級も1級も同じです

3級の試験問題は、基礎的なことで福祉と住環境ついての問題が出てきます。

第1分野は介護、福祉、医療から40点分
第2分野は建築、福祉用具、総合的な問題が60点分出てきます。


両方とも70%以上の点を取らないといけませんから
どちらか一方でも70%未満なら不合格です。


わかりやすくいうと、第1分野は28点以上で第2分野は42点以上
取らないといけないということですね。


全体的に理解しているかが大事ということです。
3級は、一般的な知識が必要なので、難問な専門知識は、まだ求められませんね


全体が10の項目に分かれていて、それぞれに5問の問題が含まれてます。
問題数は全部で50問ということですね。


四択問題から一つ選ぶ形式になっていて、不適切な内容を答えるものや
正誤を判断して正しい選択肢を選び組み合わせたり、穴埋め問題も出されます。


2級試験では、3級をふまえての問題が出てきます。
次は、その知識を実務で生かせれるかが問われますから専門的な
ことが必要になってきますね。


2級からでも受験できますから、知識のある人や経験のある人
自信のある人は2きゅうから受験してみてはどうですか?


五択問題が15項目あり、マークシートです。
ここでも70%以上で合格になります

2時間ありますが、問題を読んだり、問題文が長いので、
早く解いていかないと時間がなくなりますよ。

わからなかったり、迷った時は後回しにして次々いかないと
終わってしまいます。ペース配分も考えて


ただ問題を理解して解くのではなく、理由があって意味を知っていないと
いけません。

法規や制度も覚えて、正しいか誤っているか判断する問題が多いです


1級検定では、1次試験と2次試験とに別れています

1次試験もマークシート制限時間は、2時間です。
3級や2級の時と一緒ですね。

採点も100点問題から70点以上で合格です。


深い知識や応用力、理解力が問われ問題集には載って
いない事も出てくるので、この時点でスペシャリストで
ないといけませんね。


1次試験を合格すると、今度は一日をつかって
午前、午後と試験があります。

午前50パーセントの正解と午後も50パーセントで
両方合わせて70%以上で合格です。


記述式、論述形式で住環境整備の総合的、実践的なことが
出されます。実践力、応用力ですね。


合格率は、1パーセント未満ではないでしょうか?
それぐらい1級は難しいということです。


1級は、住環境整備の実務経験がないと実際に働いていないと
合格するのは非常に困難のようですね。


理学療法士について
理学療法士の資格を生かす職場
理学療法士の生活環境
理学療法士になるための目標設定
スポンサーサイト
2007.06.15 Fri l 資格 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hukusi001.blog109.fc2.com/tb.php/3-883b1981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。